カテゴリ:ガーデニング( 57 )
存在感いっぱいのトマト、実る
d0014507_2053246.jpg
ようやく食べごろ、かな。表面にまでびっしりと毛が生えています。遠い遠い祖先が暮らしたアンデス山脈のことを思い出したのかな。
d0014507_20575961.jpg
どんなところに植えてあるかといえば、土の入っていた袋の上部を切って、下の方の両端を少し切り落としただけ。しかも、栽培用土だと思っていたら、堆肥でした。植えるときに気がついたけど、チャレンジ精神で植えてみました(次回はきちんと見て買うように!)。
by 0141bistro | 2006-07-27 20:55 | ガーデニング
ゴーヤーに初の雌花
d0014507_19331714.jpg
まだものすごく小さいのですが、はじめての雌花です。これまですでに20以上の雄花が咲きました。あー、雌花どうしちゃったんだろうって気になってたんだけど、ようやく…。
by 0141bistro | 2006-07-09 19:34 | ガーデニング
夏花壇の救世主、エンジェルラベンダー(アンゲロニア)
d0014507_6114260.jpg
1週間行かないと内容が変わってる最近のガーデンセンター(このところ用事があって1週間とあけずに行ってるはすが…)。

急激に暑くなったのを反映してか、夏花壇の提案がされていました。
夏花壇の救世主と大きく書かれたPOP。
ハンギングバスケットに寄せ植えしたものの一部と差し替えるつもりで
買ってみました、エンジェルラベンダー。
調べましたら、正式な名前はアンゲロニアとか。

ハンギングバスケット、切り戻した効果で
キンギョソウが先週から再び咲き始めました。
他は一休み中。

ところで気になった「エンジェルラベンダー」という名前、
ラベンダーとは何の関係もありません。
ラベンダーはシソ科、エンジェルラベンダーはゴマノハグサ科。
ラベンダーの知名度にあやかったものなのかなあ。
日本には○○鯛(鯛とついた魚)が多いのですが、
中にはまったく鯛とは縁もゆかりもない魚がいて(共通点は白身魚という点だけだったり!)
魚のこうした命名は消費者の誤解を招くということから、
外国産の魚に和名をつけるとき、最近では誤解を招かないような名前という決まりがあります。
植物は今のところこうしたガイドラインはない?
ちょっと気になった休日の午後でした。

ラベルはデジカメで撮ってから抜いてます。
(これは大変便利です)
色の名前は「ダークラベンダー」←メモ
by 0141bistro | 2006-07-03 06:35 | ガーデニング
カマキリ、発見!
d0014507_69183.jpg
昨日、ベランダで花がらを摘んだり、様子を見たりしてたら

もぞもぞ…

もぞもぞもぞ…

あー!

まだ2cmにも満たないカマキリの赤ちゃんを発見!
どこから来たのかなあ、ようこそようこそ。
居心地はいかが?

なんだかうれしくなっちゃいました。
カマつながりの仲だからかも(笑)。
by 0141bistro | 2006-06-26 06:14 | ガーデニング
ワイルドストロベリー
d0014507_2053549.jpg
小指の先ぐらいの実ですが、
毎日いくつかずつ実っていて、
朝のひそかな楽しみになっています。

水やりと、花がら摘みをさささっと済ましたら、
ワイルドストロベリーの実を摘んで、朝の仕事おしまい。
by 0141bistro | 2006-06-20 20:08 | ガーデニング
造形美に惚れる
d0014507_18382490.jpg
先日撮ったのがボケてたので、撮り直し。

今年はいっぱいテントウムシの幼虫がベランダにいます。

テントウムシの成虫はつるんとしてるのに、
全然似てないのが幼虫。
初めて見た時はびっくりでした。

テントウムシのいる菜園は、なんとなくのどか。
昔、縁側で「まあ、お茶でもいかが」という会話が成立したでしょう。
あんな感じかな。

この縁側は、ワイルドストロベリーです。今も実ってます。
by 0141bistro | 2006-06-20 18:00 | ガーデニング
クロメダカとホテイソウ
d0014507_17422180.jpg
気温が上がって、ホテイソウがすくすく成長中。
d0014507_1743913.jpg
(↑今年の子です)

かなり前から、クロメダカもせっせと産卵。
最初の頃に孵ったのは、もう親の半分ぐらいまでに育ってます。
でもまだ隔離中。

メダカの産卵は、ホテイソウを入れるとよいのですが、
そのまま親と一緒の容器に入れておくと食べられてしまいます。
そこでホテイソウを2つ用意し、
小さな容器(赤ちゃんメダカ用)に1つ、大きい水槽に1つ、
これを1週間ごとに交換するのです。
そうすると、他には特別なことをしなくても、
1週間ホテイソウに産みつけられた卵が、赤ちゃんメダカ用の容器で孵ってくれるんです。
私は忘れないように、日曜日を交換の日と決めています。
秋になったら、大きい容器でみんな一緒にできますが、
それまでは隔離ですね。大きくなあれ。

(2006.6.25 追記)
ミニビオトープ、ベランダビオトープに興味のある方に
ベランダでビオトープしよう!というサイトをご紹介します。

考え方はまったく一緒で、
さらに私は最初のスタートの土を
水質浄化作用の強い微生物が増えやすいと言われている
硬質赤玉土をにしています。
水は濾過させず、水道水。
最初は濁りがとれるまで魚を入れませんし、
足すときには少しでも酸素が多いうちにということで
くみたての水道水を使ったほうがいいと(いろんな考え方がありますね)。
あとの考え方は同じですし、すごくわかりやすくまとめられています。
by 0141bistro | 2006-06-20 17:50 | ガーデニング
ローマンカモミールの開花。そして、テントウムシの幼虫は働き者。
d0014507_1713945.jpg
ローマンカモミールが咲きました。
咲く前からいい香りだったけれど、
花はうれしいものですね。

あ!
花の下にテントウムシの幼虫がいましたよ。

よくみると、あっちにもこっちにも。
(って、写真ではわかりませんが)

テントウムシの幼虫はアブラムシ(アリマキ)を食べてくれます。
それも、からだに似合わず大食漢らしいのです。
野菜やハーブは無農薬で育てますから、うれしいことです。
by 0141bistro | 2006-06-18 17:22 | ガーデニング
4つめのハンギングバスケット、これです。
d0014507_1722351.jpg
夕べ遅くに作ったハンギングバスケットです。

ラムズイヤー、さわっていると癒されます。

今日、もうきちんとポーチュラカも咲き出していました。
連結ポット4連を3つと、ラムズイヤーは丸いポット植え。

ガーデンセンターは先週よりも花の種類が少なめ。
イングリッシュローズは規模縮小(ホッ)。
by 0141bistro | 2006-06-18 17:08 | ガーデニング
4つめの、ハンギングバスケット
キッチンハーブを中心に育てているので、
花には手を出さないと…心に誓った…はずが
イングリッシュローズあたりからボロボロと崩れてしまってます(笑)。

ハンギングバスケットなら場所を塞がないし(←もう、理由探しに懸命になっている)。

4つめのハンギングバスケットの花材を買ってきました、昨日。
アゲラタムポーチュラカ 絞り咲単色のポーチュラカ
それからラムズイヤー

ラムズイヤー、高さを出さずに整えることができるかどうか、
コンパクトな苗を選んだつもりですが、
まあ、伸びてしまったらハンギングではなく、
コンテナガーデンにするつもりで。

他のハンギングは、本格的な梅雨に備えて、せっせと切り戻し。

デジタルタイマーを買うときに、
すごく便利そうなガーデニンググッズもお取り寄せしました。
これから撮ってあとでアップします。

(おまけ)
昨日は仕事で勝田(水戸よりも少し北)に行ってました。
朝のうちに苗を買っておいたのですね。
夜、とっぷりと暗くなってから帰宅したにもかかわらず、
がまんできなくなって、ベランダでごそごそと
ハンギングバスケットを仕立ててしまいました。

小さな頃から全然変わってないなあ。

積もりかけた雪に喜んで
夜遅くになって雪だるま作ったり、とか
(翌朝、40度以上の熱を出して結局学校は休んだ記憶が…)。
by 0141bistro | 2006-06-18 09:01 | ガーデニング