溶鉱炉のような夕日
溶鉱炉のような夕日_d0014507_15452342.jpg
水戸からの帰り、バスの中から夕焼けを見ていました。それはまるで、溶鉱炉を開けた時のようでした。あまりにもきれいだったので、バスを手前で降り、夕日を眺めに歩き出しました。ちょっとだけ贅沢な気分です。

(写真はしばらく眺めて、壮大な夕日のシーンの終わりかけ。一眼レフを持ってなくて残念)
by 0141bistro | 2006-09-21 22:14 | きょうの空
<< 中国茶器〜茶杯 キンモクセイの香りに背中を押されて >>