フォトエッセイスト、料理研究家 カマタスエコのblogです。作ったり食べたり、まったりしたり。日々のあれこれを綴っていきます。 
by 0141bistro
いろいろなブドウ
茨城の北東に常陸太田市があります。平安末期から北関東の豪族佐竹氏の城下町として、江戸時代には水戸藩の要地として栄えたところです。そこで、台地をうまく利用して、ぶどう栽培がさかんに行われています。もともと巨峰づくりがさかんで、もちろん今でも巨峰の生産量は多いのですが、若い生産者さんを中心に、品種の多様化に取り組んでいらっしゃいます。で、届いたのがこのなんとも楽しいバラエティパック。
いろいろなブドウ_d0014507_1026584.jpg

●巨峰
●種のない巨峰
●常陸青龍(ひたちせいりゅう)
●クイーン
●マニキュアフィンガー
●ハニービ−ナス
が今収穫中だそうで。全部で12品種あって(収穫時期がずれている)その時々で内容は違うのでしょうが、これは楽しいバラエティーパックです。中には皮ごと食べられるものもあり、食べ方についても書かれたお手紙がついてきます。
いろいろなブドウ_d0014507_10325472.jpg
これは私が大好きな常陸青龍。このぶどう園の本多勇吉さん(故人)が20年ほど前に巨峰の種をまいて選抜し育て上げたもの。農水省に品種登録してあり、この常陸太田だけで育てられています。くせがなく、とってもやさしい味です。

本多巨峰園(本多正剛さん、技研さん)
〒313-0008
茨城県常陸太田市増井町1051
電話&FAX 0294-72-1520
by 0141bistro | 2006-08-30 10:48 | おやつのじかん
<< カマタ食堂、山名酒造  更新さ... 誕生日だ、速達だ! >>