クロメダカとホテイソウ
d0014507_17422180.jpg
気温が上がって、ホテイソウがすくすく成長中。
d0014507_1743913.jpg
(↑今年の子です)

かなり前から、クロメダカもせっせと産卵。
最初の頃に孵ったのは、もう親の半分ぐらいまでに育ってます。
でもまだ隔離中。

メダカの産卵は、ホテイソウを入れるとよいのですが、
そのまま親と一緒の容器に入れておくと食べられてしまいます。
そこでホテイソウを2つ用意し、
小さな容器(赤ちゃんメダカ用)に1つ、大きい水槽に1つ、
これを1週間ごとに交換するのです。
そうすると、他には特別なことをしなくても、
1週間ホテイソウに産みつけられた卵が、赤ちゃんメダカ用の容器で孵ってくれるんです。
私は忘れないように、日曜日を交換の日と決めています。
秋になったら、大きい容器でみんな一緒にできますが、
それまでは隔離ですね。大きくなあれ。

(2006.6.25 追記)
ミニビオトープ、ベランダビオトープに興味のある方に
ベランダでビオトープしよう!というサイトをご紹介します。

考え方はまったく一緒で、
さらに私は最初のスタートの土を
水質浄化作用の強い微生物が増えやすいと言われている
硬質赤玉土をにしています。
水は濾過させず、水道水。
最初は濁りがとれるまで魚を入れませんし、
足すときには少しでも酸素が多いうちにということで
くみたての水道水を使ったほうがいいと(いろんな考え方がありますね)。
あとの考え方は同じですし、すごくわかりやすくまとめられています。
by 0141bistro | 2006-06-20 17:50 | ガーデニング
<< 造形美に惚れる ローマンカモミールの開花。そし... >>