久しぶりのコールラビ
久しぶりのコールラビ_d0014507_16412869.jpg
16日、東京でした。
今回は仕事が終わったら、紀ノ国屋とナチュラルハウスと
他にも何軒か
絶対に寄ろうと思っているところがありました。
(というわけで、せっかくお茶に誘ってもらったのに、Sさんごめんなさい)

久しぶりのナチュラルハウス。
コールラビのいいのが並んでいました。
無農薬栽培です。
みっちりと詰まった感じで、元気いっぱい。

久しぶりのコールラビ_d0014507_16453671.jpg
大きさは手のひらに乗るくらい
(ただし私の手のひらはすごーく大きいので参考にならないかも)。
久しぶりのコールラビ_d0014507_16455879.jpg
ひとつずつ袋に入っていて、立てて並べてありました。
きちんとしているなあ、と。
(畑の姿のまま保存するのが理想なのです)

さて、何にしましょう。

昔、千葉県・鴨川在住の作家・近藤啓太郎さん(故人)がエッセイの中で
「うまい魚を喰いたければ、東京の娘がこっちに来るときに頼むのだ。
いい魚は地元になんか落ちずに、みんな築地にいっちまう。
産地に住んでいながらなんということだ」というような内容のエッセイを読みました。
実情は、農産物も同じです。
変わった野菜は地元の店に並ぶことはめったにありません。
案外保守的で、みんな買わないの。
売れないから、しなびて廃棄処分になってしまうと予想。

いいこともあります。
規格外のものが安く手に入る。
つてがあれば、採りたてがいただける。

昨日、ズッキーニを使いたくて大きいスーパーに寄りました。
扱いがありませんでした。
いまや、ズッキーニはめずらしくもなんともない野菜ですが。
バジルとかミントも、並んでいないことが多いです。
(こちらは育てていますから大丈夫ですけれど)

と、愚痴ってみても仕方がありません。

東京にいくと、スーパーのチェックが楽しみです。
無農薬のコールラビ、うれしかった。
それが書きたかった、愚痴ってません(笑)。
by 0141bistro | 2006-06-18 17:04 | 食材ずかん[やさい・くだもの]
<< 4つめのハンギングバスケット、... 4つめの、ハンギングバスケット >>