ロハスの悲しい現実
アメリカで巻き起こったブームが、少しずつ日本にも浸透しはじめているロハス(LOHAS=Lifestyles of Halth And Sustainability 健康と環境に配慮したライフスタイル。ローハスともいう)。ところがこのごくごく一般的な[ライフスタイルのひとつの用語]が、特許庁が定める45分野のうち9割程度をトド・プレスと三井物産で商標確保してしまったとのこと。現在、シャープが空気清浄機や食器洗い機の広告に「ロハス」という言葉を使っているのですが、それに関してもトド・プレスの小黒社長が「週明けにもシャープに警告文を出す予定」とのこと(参照:2005年12月11日 日経MJ)。

こういう登録商標を受け付けるのもどうかと思いますが、キャラクターなどのライセンス事業のひとつとして考えているなんてどうなんでしょう。せっかく少なくない数の人たちが思い思いのスタイルで取り組み始めたというのに…。

【参考】
LOHASってもう、商標登録されているのね。
正しいLOHAS 怪しいLOHAS
商標で持続可能な収入を得るライフスタイル
by 0141bistro | 2005-12-11 09:20
<< 年賀状の準備中 モールスキン、仕様変更? >>