赤の衝撃、ドラゴンフルーツ
d0014507_14155127.jpg
すごい色をしていますが、色補正もせずにかなり忠実に撮れました。ということで、銀座の「わしたショップ」で購入した沖縄産のドラゴンフルーツ(赤肉種)です。一時は[ピタヤ]と呼ばれていました。これは赤なので[ピタヤ・レッド]。今はドラゴンフルーツと呼ばれることのほうが多いと思います。赤肉種と白肉種があり、白は果肉が白で種が黒。他にコロンビア産の皮が白、果肉は半透明というのがあるようです。
d0014507_14192965.jpg
怒り狂ったような外見ですね。
d0014507_142012.jpg
控え目な甘さとわずかな酸味。ほとんど甘みもないし、かといって酸っぱいわけでもない。とにかくさっぱりしています。食感はキウイフルーツに似ているでしょうか。半割にしてそのまますくって食べてもいいですし、ヨーグルトと一緒でも。プレーンヨーグルトには少し甘みを加えて。
d0014507_14225950.jpg
半割にしたのをカップにしてもいいですね。

(同日 17:00追記)
ドラゴンフルーツを検索していたら、とんでもない とってもすてきな実験をしている人を見つけました。なんかもう、自然体で「食べたらとにかく蒔く」というのがいいです。ドラゴンフルーツを蒔いています。沖縄産なので蒔こうとも思わなかったけど、蒔くべきでした。後悔! ちなみにトップページは「食える種蒔図鑑」です。
by 0141bistro | 2005-09-25 14:25 | 食材ずかん[やさい・くだもの]
<< 荒れた週末の後、銭湯の絵のよう... 天せいろ、の午後。 >>