2005.4.5●黒砂糖(粉状)
砂糖の原料になる植物にはサトウキビサトウダイコンサトウカエデなどがあります。日本で原料になっているのは、サトウキビとサトウダイコンで、サトウキビは甘蔗(カンショ)とか甘シャともよばれます。黒砂糖はこのサトウキビが原料で、サトウキビの絞り汁をそのまま煮詰めたもの。カルシウムや鉄分を多く含んでいます。

と、ここまでは図鑑的解説。
2005.4.5●黒砂糖(粉状)_d0014507_7284221.jpg


市販の黒蜜の原料はいろいろと入っていますが



本来は黒砂糖と水でできます。黒砂糖のかたまりや粉状になったものを水で溶いて、その鍋を火にかけ、煮溶かすだけです。煮詰める必要はありません。黒蜜の濃さも自由自在です。粉状のものはかたまりの黒砂糖に比べてやや風味が劣るとされていますが、かたまりの黒砂糖に比べればややあっさりした感じの蜜になるため、こちらのほうが現代風な気もします(好みで使い分ければいいかと)。黒蜜は牛乳に入れて黒蜜ドリンクにしてもおいしい。懐のひろいやさしさ、とでも表現したらいいのかなあ。質感でいえば、ガーゼのような。砂糖にしても塩にしても、気がついたらナチュラルなものに囲まれていました。その色にたとえてきなりの生活と勝手に名前をつけたのは、もうずいぶん前のこと。きなりの生活、気に入っています。


本日のBGM:
Roma Alta Moda
COOL D:VISIONのコンピレーションアルバム。「THE SHOW」と「PRIVATE PARTY」の2枚組。このうち、「PRIVATE PARTY」が最高にいいです。「きなりの生活」と正反対に位置しそうなBGMですが、仕事しているときはモチベーションの上がる曲を選ぶのでした。
2005.4.5●黒砂糖(粉状)_d0014507_730103.jpg
by 0141bistro | 2005-04-05 07:32 | 食材ずかん[調味料]
<< 2005.4.5●タイ風の焼きそば 2005.4.4●香菜、成長中 >>