タグ:和菓子 ( 8 ) タグの人気記事
茂助だんご
d0014507_22352943.jpg
築地で買いたかったものの、ひとつ。

時々、デパ地下の銘菓コーナーでも見かけるけれど
「本日入荷分は売り切れました」ばかり。
いわゆる「ふられた状態」が続いておりました。

(茂助だんご)つづきを読む…
by 0141bistro | 2007-02-20 22:50 | おやつのじかん
おやつ試作中
おやつ試作中です。
なかなかいい感じ。

でも、こんな簡単でいいのかと迷っています。
一工夫したほうがいいんじゃない?
いや、簡単で楽しいのはよいことだし。

ぐるぐると悩みつつ作りました。
中国茶を飲みつつ、いただきました。

(おやつ試作中)つづきを読む…
by 0141bistro | 2007-01-29 18:10 | おやつのじかん
二條若狭屋、不老泉
d0014507_199265.jpg
昨日のおやつです。京都で買った二條若狭屋の不老泉、抹茶。

お湯を注ぐと、あられと二羽の白い鳩。
くるくる、ぷかりと浮かびました。

あたたまるおやつ、でありました。
by 0141bistro | 2007-01-24 19:11 | おやつのじかん
山田家の人形焼
d0014507_1323784.jpg
小さいときから大好物。
ふっくらとした人形焼は、ひとつひとつ手作りで、
鯛焼きのように型に入れて焼いていきます。
餡も自家製なんですって。
たぬきが、こしあん。
木の葉が、つぶあん。
卵はあんなし。
これも昔からずっと一緒。

唯一変わったのが包装紙。
前は「本所七不思議」の絵だったんだけど、
おしゃれなものに変わっていました。
昔のほうが好きだったなあ。
d0014507_13245749.jpg

(包装紙には本所のほうの店の記載がないから、のれん分け?のほうだけ変更かも)
by 0141bistro | 2007-01-13 13:27 | おやつのじかん
餡入り焼き餅(レシピあり)
d0014507_920582.jpg
元旦、こんなことをしていました。
そのときは写真も撮らなかったので、
けさ、もう一度作りました。

切り餅を使った焼き餅です。
作りたてのおいしさを味わえます。
とっても簡単なので、お正月の切り餅でいかがですか?

こういうの、囲炉裏端でやったら楽しそう。
あー、囲炉裏欲しい!(新年早々とんでもないことを)

(餡入り焼き餅)のつづきです。レシピがあります。
by 0141bistro | 2007-01-02 09:35 | てづくり研究室
二条若狭屋の不老泉。そして徳力富吉郎
d0014507_18233765.jpg
京都で買ったもののうち、アップしてなかったのがこちら。
二条若狭屋さんの「不老泉」。ふろうせん、と読みます。
不老長寿のお菓子、かな。
小さな、マッチ箱のような小箱に入っているのは、湯溶き菓子。
くず湯、抹茶、善哉(ぜんざい)の3種類があります。

asahi.comの記事によれば、
1917(大正6)年の二條若狭屋創業時に、初代が考案、命名した湯溶き菓子。「店の経営を軌道に乗せた最初のヒット作。うちの原点です」と3代目の藤田實さん(70)。

 当初は、ぜんざい、薄茶、かたくり、コーヒーの4種類だったが、現在はくず湯、抹茶、ぜんざいの3種類。「本来は冬のものですが、暑気払いにと夏にもよく売れます。料理に使われることもあります」

 1種類ずつ、絵入りの小箱に入っている。絵柄は、松に雪、桜、餅をつくウサギの姿が浮かぶ月の3種。描き手は版画家徳力富吉郎。また包み紙には、不老長寿の象徴の松の図。こちらは工芸図案家神坂雪佳の手になる。

大正時代からこのパッケージだったそう。
代々西本願寺の絵所の家系、徳力富吉郎氏は十二代目にあたります。
氏が創設した京都版画館・まつ久にも行ってみたいです。

ところで中は?(続きをよむ…)
by 0141BISTRO | 2006-12-07 18:49 | おやつのじかん
葛切りのおやつ、作りました。
d0014507_5495664.jpg
葛切りです。生協の取り扱いがあったときに買っておきました。本葛に馬鈴薯でん粉が少し入っています。

20分ゆでて、冷水にとります。
黒蜜は自家製。300ccの水に300gの粉黒砂糖を煮溶かしたもの。
1:1ですから覚えやすいです。
作って冷やしておきます。

d0014507_5542890.jpg
つるっとしたのどごし、もちっとした食感。
おいしいものは儚く消えて、お腹へと収まってしまいました。
by 0141bistro | 2006-11-20 06:03 | おやつのじかん
2005.4.30●フルーツあんみつ
前日のつぶあんが残っていたので、朝からフルーツあんみつを作りました。寒天を煮とかしてからバットに流し込んで、急ぐときにはこれを氷水につけるだけ。そうでないときには、流し込んで冷めてから冷蔵庫です。缶詰のフルーツカクテルと、旬のイチゴを盛り付けて完成。今日は小さな漆塗りのお椀に盛ってみました。あきらかにマイブームな寒天、まだまだ続きそうです。
d0014507_1263336.jpg
どんどんバージョンアップしていく気が(笑)。

by 0141bistro | 2005-04-30 08:00 | おやつのじかん