タグ:京都 ( 12 ) タグの人気記事
二條若狭屋、不老泉
d0014507_199265.jpg
昨日のおやつです。京都で買った二條若狭屋の不老泉、抹茶。

お湯を注ぐと、あられと二羽の白い鳩。
くるくる、ぷかりと浮かびました。

あたたまるおやつ、でありました。
by 0141bistro | 2007-01-24 19:11 | おやつのじかん
もくもくと斜めせん切り。きんぴらごぼう
d0014507_20283774.jpg
朝、もくもくとせん切り。
まずは斜めに切ってから、それをせん切りに。
包丁は秋に京都で買ったあれです。
本当に気持ちよく切れます。
ひと山の斜めせん切りが終わっても、
まだ切りたくなってしまう(笑)。

軽めの味付けにしました。

かけているのは、皮むきのいりごまです。
by 0141bistro | 2007-01-11 20:34 | おうちごはん
二条若狭屋の不老泉。そして徳力富吉郎
d0014507_18233765.jpg
京都で買ったもののうち、アップしてなかったのがこちら。
二条若狭屋さんの「不老泉」。ふろうせん、と読みます。
不老長寿のお菓子、かな。
小さな、マッチ箱のような小箱に入っているのは、湯溶き菓子。
くず湯、抹茶、善哉(ぜんざい)の3種類があります。

asahi.comの記事によれば、
1917(大正6)年の二條若狭屋創業時に、初代が考案、命名した湯溶き菓子。「店の経営を軌道に乗せた最初のヒット作。うちの原点です」と3代目の藤田實さん(70)。

 当初は、ぜんざい、薄茶、かたくり、コーヒーの4種類だったが、現在はくず湯、抹茶、ぜんざいの3種類。「本来は冬のものですが、暑気払いにと夏にもよく売れます。料理に使われることもあります」

 1種類ずつ、絵入りの小箱に入っている。絵柄は、松に雪、桜、餅をつくウサギの姿が浮かぶ月の3種。描き手は版画家徳力富吉郎。また包み紙には、不老長寿の象徴の松の図。こちらは工芸図案家神坂雪佳の手になる。

大正時代からこのパッケージだったそう。
代々西本願寺の絵所の家系、徳力富吉郎氏は十二代目にあたります。
氏が創設した京都版画館・まつ久にも行ってみたいです。

ところで中は?(続きをよむ…)
by 0141BISTRO | 2006-12-07 18:49 | おやつのじかん
梅干し?@京都
d0014507_1153050.jpg
某所にて購入。

ずっと興味があって、
でも現物を初めて見ました。
まさかここで出会うとは!

これも何かの縁でしょう。
しかもとてもすてきなお店だったものですから。

(全景はこちら
by 0141bistro | 2006-11-07 11:07 | おかいもの
善右衛門的カフェで、京まくろびの おひるごはん。
d0014507_10434064.jpg
午後3時すぎに仕事が終了。すぐに善右衛門的カフェに移動。仕事が終わったら行くのでと、お願いしておいたランチをいただきました。かぼちゃ、ひじきのペンネ、かぶのスープ煮、厚揚げ、きんぴら。どれもしっかりと素材の味が生きていて、大満足。そして口福!
d0014507_10443241.jpg
一日(おついたち)なので、小豆玄米でした。毎月一日と十五日は小豆玄米なんだそうです。月に二回しかチャンスがないのに、なんとラッキーなことでしょう。

これまで圧力鍋は使ってきませんでしたが、もちもちの玄米ご飯をいただいて、心がゆらいでいます。「いま使っている圧力鍋は、ひゅるひゅると音がしないですよ」と善右衛門さん。だったらいいかなあ。考えてみます。来年は圧力鍋デビューかもしれません。

京まくろび、素材もしっかりとした確かなものを使われているとのこと。料理はどこか共通する面もあり、とても勉強になりました。善右衛門さんは「今年の目標は3つとも達成できました。来年もがんばります」と。目標なしにゆるゆるに生きてる私は、ちょっと反省。元気をありがとう!
by 0141bistro | 2006-11-07 11:06 | おかいもの
レトロな空間、スマート珈琲店
d0014507_8234819.jpg
スマート珈琲店に行きました。

1932(昭和7)年創業の、ぽっかりと時間が止まったような喫茶店。

昔は東京にもこういう喫茶店がたくさんありましたね。
今はどうなんでしょうか。
さすが京都というか、時間が止まったのはインテリアだけで
いわゆる、すすけた感じではありません。
その名の通り、スマート。
落ち着けるサービスを提供してくれるのです。

帰りに、ホテルの部屋で飲もうと
ドリップパックを買ってきました。
(結局飲まずじまいだったので、今度の出張に連れていきます)
by 0141bistro | 2006-11-07 08:42 | さんぽ日和
INOBUNは、クリスマス一色。そしてステーショナリー。
京都で文房具といえばINOBUN。
伊東屋や丸善とは違った意味での、生活の中での文具中心でした。
京都の中心地、四条河原町に江戸時代、紙問屋からスタートしたイノブン(1814年創業)。
生活雑貨店として現在、京都を中心に10店舗展開しています。
現在四条本店は、地階から4階までの5フロアで展開する大型生活雑貨専門店として、ナチュラルで優しい、日常使いの生活雑貨に溢れ、生活雑貨・ギフトを選ぶなら…と京都の定番のお店としてご利用いただいております。生活雑貨を取り扱うINOBUN(イノブン)が8店舗、アメリカン雑貨を取り扱うNEO MARTが1店舗、ヴィンテージインテリアを取り扱うNEO MART Vintage Styleが1店舗ございます。
  (ホームページより)


季節柄、クリスマス用品が豊富に揃っていました。
お値段も手頃なのから、ちょっといいものまで幅広く、
近くにあったらいいなあというお店です。
生活雑貨好きにはたまりません。
四条本店の上の方の階にステーショナリーがあります。
こういうのを使っていたら生活が楽しくなるというものを中心にセレクト。
他であまりみかけないものも揃っているのは、さすがというか。

今年発売されたイタリアのCIAK(チアック)、
実店舗でラインナップをずらりと揃えているのは、
初めて見ました。
(よそで見たことはありますが、ここまでの品揃えではありませんでした)

四条河原町のINOBUN本店、
北山のNEO MART Vintage Style、INOBUNに足を運びました。
そうそう、北山、すっかり変わってました(何年も行ってなかったのだから仕方がないですが)。

写真、あとでアップします。
by 0141bistro | 2006-11-07 08:14 | 文房具、道具、モールスキン
ユリの花を部屋に@京都
d0014507_912467.jpg
ホテルにチェックインする前に、お花を購入。それから花瓶がわりのグラスも。

シングルを申し込んでいたのですが、ツインのお部屋をということで
とてもゆったりと過ごせました。
早速、お花を部屋とバスルームに。

突っ走った1週間だったので、ここでリセットです。
明日に備えて、資料に目を通したり。

窓からは清水寺が見えました。
紅葉はまだまだのようです。
by 0141bistro | 2006-11-06 09:20
古風な建物、近づいてみると@京都
d0014507_17481829.jpg
錦市場のすぐ近くです。
大きな建物だし、バイクや自転車が無造作に駐めてあるから下宿屋さんかしらと思いつつ
近づいてみると…

え?

d0014507_17501863.jpg
真ん中に「本日あります」の文字。

見えますか?

ありますって…何でしょう。

よーくよーく見ると、右側に「男」、左側に「女」の文字。

銭湯でした。「本日あります」そうですか、そうですか。
湯が丸そうでいいですね。

(2006.11.07追記)
asahi.com 錦湯/常連客 昔ながら   柳かご・いつもの顔 京情緒いまも
関西の名銭湯[京都市東部]
by 0141bistro | 2006-11-03 17:56 | さんぽ日和
みすや針@京都
d0014507_9335746.jpg
三条河原町西、商店街からひょこっと奥へ入ると、すてきな空間が広がります。

みすや針。

着倒れの京都ならではの針。
四百年の歴史があるそうです。

私の針箱にはずいぶん昔の(たぶん昭和30年から40年頃にかけてだと思います)
みすや針がたくさんありました。
悲しきかな錆びてしまって使いものになりません。

d0014507_9554365.jpg
取り寄せようと思っていましたから、前を通りかかったのも何かの縁ですね。
縫い針とまち針を買い求めました。
「三ノ四」は、もめん針。もめん針だけでも14種類ありました。
相談にのってくださいます。
キルト・パッチワーク針、ビーズ針、さしこ針もあります。

d0014507_95637.jpg
まち針、こんなに個性的なんですよ。あたまは、ガラス玉です。ひとつひとつが手仕事。
d0014507_9563551.jpg
縫い針の包装紙を開けたところ。
子供の頃はこれを見ると「お裁縫は難しいんだなあ」と思っていました。
まだ漢字も読めない頃のことですから仕方がありません。
d0014507_9565258.jpg
みすや針の特徴は、刀と同じように鉄を鍛えて作るところ。
針穴は丸。円形だと内側をやすっりで磨くことができるからと。
「小さく見えるけれど、通常の細長い穴よりも大きいんですよ」と
実演してくださいました。

さて、何を縫いましょう。
いまから、わくわくします。
by 0141bistro | 2006-11-03 10:04 | おかいもの