梅干しの副産物、ゆかりを作りました
d0014507_23264934.jpg
梅干しの中の赤ジソを使って、自家製のゆかりを作りました。天日干しではなく、オーブンの低温乾燥です。なかなかよい感じにできましたよ。玄米ごはんと合わせようと思います。明日が楽しみです。


d0014507_23271350.jpg[作り方]
(1)梅干しの赤ジソの葉を天板に広げて、オーブンの低温(110〜130度)でゆっくりとパリパリになるまで乾燥させる。このとき、できるだけ重なっている赤ジソをほぐして広げておくと早く乾燥する。途中様子を見るときは、躊躇せずにオーブンを開けて大丈夫。温度を下げる意味でも開ける方が理想的かと。今日は広げ方が甘くて重なっている部分が結構あったため、2時間ほどかかってしまいました。
d0014507_23273685.jpg(2)冷めたらフードプロセッサーにかけて、好みの大きさになるように様子を見ながら細かくする。ほどよい粗めが好きなら、このあたりで一度、目の粗いざるに入れてふり、大きな部分(茎)と分ける。茎は再度フードプロセッサーに。
(写真はフードプロセッサーの中を上からのぞいたところ)


密閉容器(ジップロックコンテナ)に入れて冷蔵庫で保管してます。
by 0141bistro | 2006-10-01 23:37 | てづくり研究室
<< カマタ食堂、山名酒造  更新さ...  『ニュー ベーシック マクロ... >>