マルチワークケース、買いました
先日買ったイタリア製の革のバッグ、とっても革がしっとりで、しかも著名なアウトドア系のブランドがかかわっているだけあって、ひとつひとつのパーツの仕上げがていねいで気に入っています。

しかし…

今日、東京で会議に出ていて、このバッグの問題点が浮き彫りに。その問題点とは、マチもたっぷりゆえ、中で荷物が団子状態になってしまうというもの。メガネを出そうとしてゴソゴソ…、あれ違った…(再びゴソゴソ…)なんてことがしばしば。これはもう、即刻解決しなければと、帰りにデパートに立ち寄って前から検討していた[ドクターイオン マルチワークケース]を見ました。いくつか種類があったのですが、中でも[A4サイズ]はモールスキンラージがそのまま入ります。ペンや名刺入れの収納場所も確保できます。売り場の人に断って、バッグの中に入れてみました。大きさも問題なし。むしろスッキリしました。ベージュがよかったけれど、在庫があったのは黒か青。色数を増やしたくなかったので黒を購入です。

それにしても、2002年にグッドデザイン賞を受賞した際の記事を切り抜いた記憶があるので、3年も検討中だったわけで…意外と慎重派なのかもしれません。新製品も出ていて、選択肢は広がっています。作っているのは、クツワ株式会社。小学生の頃に持っていた筆箱、ここのでした。懐かしい。

d0014507_15355478.jpg
書類やノート、筆記具を収めた状態はこんな感じ。

d0014507_1536718.jpg
こんなものが入ってます。名刺入れはすぐに出せるよう、フラップのない部分に。


こうしてみると、開発者の人は[モールスキン ラージ]の愛用者ではないかと思うぐらい、出し入れに必要なゆとりもきちんと計算済みでした。あんまり仕切られているのは好きじゃないので、ほどよい感じです。

(2005.7.15 追記)
このとき「新製品です」といって、メッシュタイプのほぼ同額商品も見せてくれました。なるほどこちらは、中がほどよくわかります。さすが新製品というか。ただ、やや大きめのポケット(モールスキン対応)が欲しかったのと、横型がよかったのとで、上のものに決めました。左脇にハンドルがついていますが、使ってみてわかったのは、横型のバッグに入れる場合(私の使い方では)上にハンドルがあるタイプだと、少々うるさく感じる気がします。サイドにハンドルがあるタイプでよかったと思いました。

(関連記事)
Suicaとパスネットの定位置
ちょっと細工して、定期券入れを連結しました。
by 0141bistro | 2005-07-13 08:27 | 文房具、道具、モールスキン
<< 冷たいカボチャのポタージュとP... 当社比30%増、働き者のピーラー >>