雑穀のためのザル考
日常的に雑穀を食べるこの頃です。雑穀の大きさはまちまちですが、中には鳥の餌のように小さくプチプチしたものも。ゆでたり炊いたりする前に水洗いをするのですが、このプチプチさん達、案外とザルの目に詰まったり、あるいはザルの目から落ちてしまったり。いろいろ試した結果、手元にあるザルの中で使えたのをいくつか紹介します。
d0014507_1615686.jpg
(1)一番使うのがこれ。

d0014507_16163712.jpg
メーカー名はないのですが、たしか合羽橋の「お菓子の森」で購入したような気が…。

d0014507_16162149.jpg
もちきび、入れてみました。メッシュのほうがはるかに細かいです。


d0014507_16192813.jpg
(2)味噌こし。パンチングメタルです。柳宗理のものよりパンチが小さめ。

d0014507_16194743.jpg
もちきびでも問題ありません。


この他、フィスラーの手つきザル(ステンレス製)も使っています。これは(1)よりさらに細かいメッシュですが、残念ながら、数年前に廃番セールの時に購入したものなので…。

写真で撮ったもちきびは、雑穀の中でもかなり小さい種類。これが大丈夫なら使いやすいと思います。
by 0141bistro | 2005-06-19 16:28 | てづくり研究室
<< 書類がスッキリ! ビオトープの水草、咲きました >>